雑記帳(2019年度)

20181106
(その1) 郵便配達システムの変更
 
郵便物を「ゆうパック」や「レターパックプラス」でご家庭にお届けし、ご家庭が不在の場合、郵便受けに『不在票』が投函されます。お客さんはそれを見ながら、指定の郵便局に郵便物の再配達依頼をしなければなりません。以前はそれをしなくても翌日再度、郵便物を配達してくれましたが、現在はそのようなサービスはなくなり、郵便物の再配達依頼をしなければ、その郵便物は一定期間、郵便局に保管後、差出人に送り返させます(その場合、郵便料金等は弊社の負担)。例年、『不在票』の見落としなどにより、「郵便物が届かない。」といった問い合わせが弊社に寄せられるケースがあります。弊社では、教材の注文後、郵便物は迅速に発送していますので、教材代金等のお振込み後、3日経っても郵便物が届かない場合、弊社にご連絡ください。
(注)「払込取扱用紙」を使って、郵便局の窓口またはATMで教材代金等をお振込みの場合、弊社で入金と振込人名の確認ができるまで2日前後かかります。お急ぎの場合、振込手続き後、「払込取扱用紙(領収書)」のコピーを写メ、FAX等でお送りいただければ、当日または翌日、ご注文の教材を発送します。

(その2) 郵便料金の変更
 郵便局の郵便料金が2018年3月1日から値上げされました。
【例】
@ 弊社(都内)から都内の住所へ最小サイズの「ゆうパック」を送る場合、800円
A 弊社(都内)から都内の住所へ最小サイズの「ゆうパック」を『着払い』で送る場合、1060円
 現在、弊社の教材購入者にご負担いただいている送料等は昨年までの料金を据え置いていますが、来年度は値上げする予定です。


20181104
「算数1科目入試」
(追加情報)
 
埼玉県の栄東中:東大選抜入試でも、今年から算数の1教科受験を選択できるようになりました。関心のある方は、栄東中のホームページで詳細をご確認ください。

20181010
「算数1科目入試」
 2019年度の首都圏中学校の入試において、「算数1科目入試」を新設または変更した学校は巣鴨中学校、世田谷学園中学校、攻玉社中学校、普連土学園中学校、山脇学園中学校があります。関心のある方は、各学校のホームページで詳細をご確認ください。この傾向は次年度以降もしばらく続くものと思われますので、中学入試において「算数」の得意な生徒はますます有利になります。

20180517
弊社紹介ブログ
 弊社 弊社の教材を購入される方の中には「知り合いからの紹介」で購入したという方も少なくはありませんが、その多くは『子どもが受験を経験したママ友』による紹介です。今日、たまたま見つけたブログのなかに弊社の紹介記事が載っていたのですが、そのブログの筆者は昨年、弊社の教材を購入いただいた方のようで、何と「会社の上司の紹介」だそうです。そんなケースもあるのですね。
そのブログのタイトルは「多発性骨髄腫とともに生きる」というもので、今年中学受験をしたお子さんの受験記録などが書かれています。

【お願い】

個人のブログや教育関係の掲示板などで、弊社の紹介記事を見つけた方は、教材のご購入の際にでもお知らせいただけるとありがたいです。以前は1年に数回、掲示板などをチェックしていたのですが、ここ数年、ほとんどチェックしていません。
数年前までの情報になりますが、弊社作成教材の紹介記事が書かれたブログや掲示板をまとめたものがあります(こちら)。


20180304
「計算添削指導」、「計算の工夫:添削指導」について
 昨年度は過去最多の受験生に「計算」、「計算の工夫」添削指導をお受けいただきました。その中には、弊社の指導を忠実に受け入れ答案作成をすることにより、計算力(スピード、正確さ)が格段にアップし、受験生の親御さんから大変感謝されるというケースも何件かありましたが、一方で、弊社の指示通りの答案作成をせず、ひどい答案を送ってくる生徒も数人いました。
 弊社の「計算添削指導」は答だけ見て○×を付けるものではありません。どのように計算し、途中経過を書き込んでおけば、速く正確に計算でき、また、検算も時間をかけずに効率的にできるのかということをアドバイスするものです。
計算力をつけることは単に計算問題をできるようにすることではありません。受験算数のすべての問題を解く際に重要なことです。そのことをご理解いただき、弊社の指示通りに答案作成のできるお子さんのみ、添削指導をお受けしたいと思います。(こちら)もお読みください。