大切なお知らせ (お申込みの前に必ず、お読みください)

 入試において計算問題での失点は避けなければならず、そのためには「検算」がとても大切です。
弊社では、「検算」をしやすくするための答案作りも指導していますが、

・問題(式)の中への数字の書き込み
・問題(式)の一部を○で囲む
・筆算が問題(式)の中にまで及んでいる
・筆算を書き散らす
・自分の書いた字も読めない(読み間違う)


など、「検算」をすることをまったく想定していないあまりにもひどい答案も多く見られます。
 自己流のやり方を修正できない生徒は弊社の計算添削指導を受ける必要はありませんので、受講前にお子さんとよくご相談ください。 

参考までに、過去に弊社の計算添削指導を受けた生徒を分類すると、

 不注意な計算ミス以外、特に指摘することはなかった生徒。10年間でわずか数人。昨年度は0人。
 計算の仕方に工夫が足りず、計算に時間がかかったり、計算ミスをしやすかった生徒。とても多い。
 「計算法則」を正確に覚えていない生徒。全体の20%くらい。

 『志望校別「計算」、「計算の工夫」添削指導』について

 毎日、計算トレーニングをさせていても、計算ミスが減らず、計算のスピードも遅い・・・非効率な計算方法を何度繰り返しても、計算のスピードアップにはつながりませんし、計算ミスも減りません。まず、お子さんの計算方法を徹底的にチェックすべきです。それを修正すれば、上記の点は間違いなく改善されます。
 中学入試:算数の計算問題で要求される「計算力」はただ単に「整数、小数、分数の四則混合計算や逆算」ができるということではありません。計算の工夫をしながら、速く正確に解く力があるかどうかをみるような問題が出題されます。その問題をAさんは3分かかって解き、Bさんは1分で解いたとき、それだけで大きな差がついてしまいます。

 0.36÷0.54 という式があるとき、
A君:筆算で実際にわり算をする。
B君:小数を分数に直し、分数のわり算をする。
C君:0.36/0.54と分数で表し、分子、分母を倍分、約分する。
D君:0.36と0.54の大きさの比(2:3)から、瞬時に答えを導き出す。

 計算問題でもいろいろな仕方があります(上の例を参照)。生徒の現在の計算力に応じて適切なアドバイスをしていきたいと思います。

【添削例】

 海城中の添削問題  91/130130 − 77/120120

(この問題の答案に対する添削)
 分母を変形するところまではできていましたが、その先の計算がおかしなものになっています〔消せない数字を消しています〕。分母を変形したのは、分子と約分できることに気付かせるためです。分子、分母で約分して簡単な分数にしてから、普通に通分して計算します。もう一度やり直してみなさい。

(再提出した答案に関する添削)
 答はあっていますが、めんどうな計算をしています。分子、分母の約分をしてから分母を通分し、あらためて分母の最小公倍数を求めていますが、
130×11=10×11×13
120×13=10×12×13
ですから、分母は10×11×12×13で通分できることがわかります。・・・(以下、省略)

 目的:志望校の入試で出題された計算問題を速く、正確に解けるようにする。

 対象:整数、小数、分数の四則混合計算ができる小学生(おもに5年生、6年生)

 教材:志望校の入試で実際に出題された計算問題

 答案の送付形態(次の4通りの中からお選びいただけます)
@ FAX:毎回1枚〜2枚の答案をFAXで弊社に送付
A 添付ファイル:毎回1枚〜2枚の答案を添付ファイルで弊社に送付
B 郵送:答案を一括または2〜3回に分けて弊社に郵送
C 携帯で答案を写真にとって、送付

 添削、アドバイス等
原則として、翌日までにメールまたは郵送でお送りします。
郵送をご希望の場合、その旨、ご連絡ください。すべての答案を受領後、添削しまとめて返送します(郵送料は弊社で負担します)。

指導時期:
 6年生:2月20日〜10月31日〔10月15日で受付を終了します〕
 5年生:7月20日〜12月31日〔12月15日で受付を終了します〕

 コース、回数、料金、対象校など

【中学受験用】

コース 添削回数
(問題数)
指導期間 料金 対象校
計算  5回(15問) 1週間  3000円 〔5回コース〕弊社の分析指定校の大部分が対象
〔10回コース〕
一部の学校が対象
★ 各学校のページに記載してありますので、ご確認ください。
★ 対象校を首都圏の中堅校を中心に大幅に増やしました。弊社の分析対象校以外の学校でも、対応できる場合があります。お問い合わせください。
★ 「一般校」用の教材もご利用できます。 
 
10回(30問)  2週間  5000円
計算の工夫  5回(20問)  1週間 3000円 (共学校)桜美林・大宮開成・昭和秀英・成城学園・青稜・法政二・広尾学園
(男子校)
鎌倉学園・攻玉社・逗子開成
(女子校)跡見学園・鎌倉女学院・共立女子・日本女子大附属・普連土学園・立教女学院
(注) 上記に志望校がないとき、「一般校」用の教材をご利用できます〔標準・応用の2種類あります。志望校をお教えいただければ、こちらで判断します〕。
(注1) 教材の送料として、一律400円をご負担いただきます。ただし、他の教材と一緒にご注文の場合、送料を重複してご負担いただく必要はありません。
(注2) 2種類以上の教材を続けてご利用の場合、指導期間を延長します。
ご利用制限
ご利用は、「計算(5回)」の場合2校まで、「計算(10回)」と「計算の工夫(5回)」はそれぞれ1校のみとさせていただきます。
これだけの指導で、必要なアドバイスを不足なく差し上げることができると考えるからです。

(お申し込み方法、ご利用の手順)
@ メール(携帯またはパソコン)で、弊社あてにお申し込みをしてください(こちらからどうぞ )。お子さんの郵便番号・住所、お名前、ご希望のコース、学校名、指導手段をお書きください。】
A 弊社から「受講可能」の連絡後に、弊社指定口座(こちら)に指導料+送料(400円) をお振込みください。
B お申し込みのテーマの添削プリントをお送りしますので、受け取り後すぐに、学習を開始してください(添削指導期間は上記の通りです。この期間を超えて指導はいたしません。)
C すべての指導終了後、添削問題・解説データをご希望の方に無料でお送りします(添付ファイルでお送りしますので、パソコンのメールをお持ちの方限定となります)。