過去問得点表

 中学受験生は夏ごろから志望校の過去問に取り組み始めますが、その際の各教科の得点を書き込むシートです。

 受験生全体や合格者の教科別平均点を公表している学校についてのみ、この「過去問得点表」を作成しています。
学校公表のこれらのデータに基づいて『各教科でどれくらいの点を取れば、合格点に達するのか』という大まかな目安を得点記入欄の右下に小さく書きこんであります。これを参考に教科別学習時間の配分や合格点を取るための戦略を各ご家庭で練っていただきたいと思います。

〔例〕 国語が苦手で算数が得意なA君のケース

  国語 算数 社会 理科 合計得点 合格最低点 得点差 実施日 
合格の目安 (68)  (47)  (38)  (50)    203     
目安(修正)  (58)  (57)  (38)  (55)    (208)     
A君の得点  50 45  30  45  170    −33  8/30 

〔9月以降のA君の目標〕
 国語を(目安−10点)、算数を(目安+10点)、理科を(目安+5点)と設定し、そのためには国語の漢字、文法などの知識領域を強化すれば、読解は現状維持で設定点に達しそうだ。したがって、国語の学習は毎週△時間とし、・・・苦手な国語で20点近く得点を上げるよりも得意な算数で10点、理科であと5点上乗せすれば、合格できるから、・・・