入試問題研究所 販売教材 (サンプル一覧)

〔算数〕中学入試予想問題等について

 各学校の入試問題(実物)の出題傾向、形式に合わせて作成した算数の入試予想問題(1回分)とその解答用紙、全問題の解答・解説プリントのセットです。数年前から問題になっている「著作権」の関係で、入試問題(実物)を受験生には公表しない学校が増えてきています。その意味でも、受験前に実際の入試問題の形式を把握し、問題用紙や解答用紙の使い方に慣れておくことは、受験準備として大切なことだと思います。
 右の写真は『早稲田実業中』の中学入試予想問題一式(Aセット)です。この学校の入試問題はA3サイズの冊子になっていますので、それと同じように作成してあります。

 
(表紙)
 

(解答用紙)

(1枚目)
 

(解説)





〔算数〕過去問分析表の活用方法について

過去5〜8年間の〈算数〉の入試問題の全問題について、テーマ、出題内容とその中学校の受験生にとっての難易度をA(易しい)、B(普通)、C(難しい)の3段階で表示してあります。まず、これをご覧になって、志望校の出題傾向をしっかりと押さえ、お子さんにもお話ください。次にお子さんに過去問を実際に解かせてから、A表示の問題を確実に正解しているか、C表示の問題(算数の苦手な生徒にとっては、手をつけない方がよい問題)で時間を使いすぎなかったかどうかといったことをチェックさせてください。その結果、志望校対策として次にすべきことが見えてくると思います。
 過去問の出題内容の傾向を把握するだけであれば、市販の学校別中学入試問題集に一覧表が載っていますのでそれを参考にすればよいでしょうが、どの問題で得点し、どの問題を捨てるべきかといったことは、市販の問題集には載っていません。中学入試問題は模擬試験問題のように難易度の低い問題から順に並んでいるわけではありません。学校によっては前半の一行問題の中にくせのある問題を出題する学校や最後の問題を毎回、易しい問題にする学校もあります(これらは学校のカラーであり、受験生に対するメッセージでもあります)。志望校のこのような出題傾向をしっかり把握することも、過去問対策の重要な点です。「過去問分析表」を志望校対策に十分、活用していただきたいと思います。
(具体例はコラム「過去問分析表」の使い方を参照)

 
(過去問分析表)
 
〔算数〕学校別頻出問題対策プリントについて

 各学校の過去問をていねいに分析していくと、たとえば、毎年のように出題される速さの問題でグラフを出題しない学校や容積の問題では円柱や円錐しか出題しない学校など、いろいろな特徴が見られます。このような学校の受験対策としては当然、過去問の傾向に合わせた問題を問題集から選んできてできるだけ多くの問題をやらせた方がよいのですが、一般の方には志望校のレベルや出題傾向に合った問題を選ぶという作業が大変難しいことだと思います。そのようなことを考慮して作成したプリントがこの「学校別頻出問題対策プリント」です。このプリントの詳細については、こちらをご覧ください。
 右の写真は『早稲田実業中 立体図形総合(145E)』のプリントで、1枚目は早稲田実業中でのこのテーマの問題の出題傾向の説明および過去問の紹介と解説、2枚目以降が早稲田実業中で出題されるレベルの問題とおなじレベルの問題をまとめたプリントで、すべての問題に詳しい解説を載せてあります。
また、このプリントの出来具合をチェックするための『チェックシート』もつけてあります。

 なお、『〇〇中の△△』というように、プリントタイトルに学校名をつけてあるものについては、抽出問題はすべてその学校の過去問です。一般的に入手困難な古い年度の問題や他校でほとんど見かけない特殊な問題を集めたプリントです。


(算数:頻出問題対策プリント、1枚目)


(算数:頻出問題対策プリント、解説)
 
 
(算数:頻出問題対策プリント、2枚目)


(チェックシート)