【聖光学院中】 ☆ 入試問題研究所・販売教材 (ご注文方法の詳細はこちら)

● 下記の「対策プリント」をABC全部ご希望の方は、「聖光学院中・PACK」とご注文下さい。料金は、A(1000円)+B(1000円)+C(2500円)=4500円となります。
● 各プリントは、単品でも、あるいはPACKからいくつかを削除しても購入可能です。「聖光学院中・PACK(104Dを除く)」または「聖光学院中・AとB、104D」のようにご注文下さい。
● 2校以上をPACKでご注文の際には「○○中PACKと△△中PACK(重複プリントを除く)」とお書きください。弊社で重複するプリントを除いて料金をご案内します。
● 追加お勧めプリント等の料金は表に示した通りです。こちらだけお求めいただくこともできます。

● 教材代金のお支払いは 「前払い」または「着払い」でお願いします。なお、送料の一部をご負担いただきます(詳細はこちら)。

種  聖光学院中 算数:入試対策プリント 料金 
単価 PACK
A 2018年度・聖光学院中 入試予想問題一式 1000円 4500円
B 過去問分析表(2013年〜2017年/各1回、2回)「過去問分析表の使い方」はこちらを参照 
〔付録〕過去問得点表(2006年〜2017年:合格得点モデル付き) …内容についてはこちらを参照 
1000円
C 速さと比・逆比(072D)、相似形の利用(104D)、図形の移動(121D)、立体図形総合(145E)、場合の数(173D)・・・(詳細はこちら) 各500円
上記のPACK購入者に下記のF教材@、Aのうちの1つを無償プレゼントします。ご希望の方はお申し出ください(在庫限り)

追加お勧めプリント等(オプション)
D 聖光学院中の入試問題を題材として作成した教材  
計算問題(611A)…1990年〜2016年[33題] 500円
E 2018年度・追加入試予想問題…すべての学校に共通な問題。内容についてはこちらを参照 500円
F @ 過去問分析表(2009年/1回、2回) ・・・数量限定 (問題コピー、解答付) (残り4部) 非売品
A 過去問分析表(2010年/1回、2回) ・・・数量限定 (問題コピー、解答付) (残り2部) 
G 模擬試験問題(お勧め:SC型)・・・詳細はこちら  500円

その他(苦手な生徒の多いテーマ、トレンド問題など)  
H 速さと距離の差のグラフ(075Z) ・・・速さのグラフで縦軸が「2人の距離の差」の問題 500円 
特別三角形(094Z) ・・・3つの内角が30度、60度、90度の三角形に関する問題
特別円の面積(110Z) ・・・「半径」のわからない円の面積を求めさせる問題 ←2017年2回入試で出題
2018年入試:要注意テーマ
★ 「消費税」問題(223Z) 
★ ニュートン算:応用(384Z)

計算添削指導…詳細は(こちら
I 「計算」添削指導(5回:15題) … 聖光学院中の入試問題を使用  3000円 
「計算」添削指導(10回:30題) … 聖光学院中の入試問題を使用  5000円 

〔算数:頻出問題対策プリント採用テーマ・出題年度一覧〕

  2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
速さと比・逆比
(072D) 







 



相似な三角形の利用
(104D) 












図形の移動
(121D) 







 




立体図形総合
(145E) 













場合の数
(173D) 
 









   

〔 ○:1題出題、◎:複数題出題 / 上段:1回目入試、下段:2回目入試 〕

「2012年・対策プリント」より、類題的中!

≪聖光学院中・入試問題(2012年2回[1](3)≫
1辺の長さが1cmの立方体を使って、下の図のような、たて9cm、横7cm、高さ4pの直方体を作ります。このとき、図の点Aと点Bを結んだ直線は1辺の長さが1cmの立方体を何個通りますか。
≪聖光学院中・対策プリント・立体図形総合(145E-4P)≫
1辺2cmの立方体の形をした木片を240個積み上げて縦8cm、横20cm、高さ12pの直方体ABCD-EFGHを作りました。
(1) AとGを直線で結んだとすると、この直線は何個の立方体の中身を通りますか。
(注) (2)は省略

《ユニーク入試問題:2014年1回 問1(2) 》
 1から12までの番号札が1枚ずつ、全部で12枚あります。5人がそれぞれ2枚ずつ番号札を取ったところ、取った番号札に書かれた数の和は、4、8、12、18、22でした。
 このとき、残った2枚の番号札に書かれた数を答えなさい。 
 取った2枚の番号札に書かれた数の和が4、8、12、18、22の人を順にA、B、C、D、Eとおく。まず、Aが1と3、Eが10と12の番号札を取ったことがわかり、ここから、Bが2と6、Dが7と11、最後にCが4と8の番号札を取ったことがわかる。
 よって、残った2枚の番号札にイ書かれた数は5と9
 
答 5と9