【昭和学院秀英中】 ☆ 入試問題研究所・販売教材 (ご注文方法の詳細はこちら)

● 下記の「対策プリント」をABC全部ご希望の方は、「昭和秀英中・PACK」とご注文下さい。料金は、A(1000円)+B(1000円)+C(2000円)=4000円となります。
● 各プリントは、単品でも、あるいはPACKからいくつかを削除しても購入可能です。「昭和秀英中・PACK(035Bを除く)」または「昭和秀英中・AとB、035B」のようにご注文下さい。
● 2校以上をPACKでご注文の際には「○○中PACKと△△中PACK(重複プリントを除く)」とお書きください。弊社で重複するプリントを除いて料金をご案内します。
● 追加お勧めプリント等の料金は表に示した通りです。こちらだけお求めいただくこともできます。

● 教材代金のお支払いは 「前払い」または「着払い」でお願いします。なお、送料の一部をご負担いただきます(詳細はこちら)。

種  昭和学院秀英中 算数:入試対策プリント 料金 
単価 PACK
A 2020年度・昭和秀英中 入試予想問題一式 1000円 4000円
B 過去問分析表(2015年〜2019年/各1回、2回)「過去問分析表の使い方」はこちらを参照
〔付録〕過去問得点表(2013年〜2019年:合格得点モデル付き) …内容についてはこちらを参照   
1000円
C 数の性質(035B)、立体の切断(143C)、立体図形総合(146C)、場合の数(173C)・・・(詳細はこちら) 各500円

追加お勧めプリント等(オプション)
D 一行問題(026B)、計算の工夫(012C)、図形の移動(121C)、規則性(393C)、昭和秀英中の計算(509A) 各500円
E 2020年度入試 追加予想問題(1) (内容はこちら 500円
F 過去問分析表(2010年〜2014年/各1回、2回) ・・・問題は付いていません   1000円
G 模擬試験問題(お勧め:SB型)・・・詳細はこちら  500円

その他(苦手な生徒の多いテーマ、トレンド問題など)  
H 速さと距離の差のグラフ(075Z) ・・・速さのグラフで縦軸が「2人の距離の差」の問題 各500円
特別三角形(094Z) ・・・3つの内角が30度、60度、90度の三角形に関する問題
特別円の面積(110Z) ・・・「半径」のわからない円の面積を求めさせる問題
2020年入試:要注意テーマ
★ 「消費税」問題(223Z) 

計算添削指導…詳細は(こちら
I 「計算」添削指導(5回:15題) … 昭和学院秀英中の入試問題を使用  3000円
「計算の工夫」添削指導(5回:20題) … 昭和学院秀英中の入試問題を使用  3000円
 (注) 「計算添削指導」と同時お申し込みの場合、下記の冊子(3冊セット)を500円でご提供します。      

小冊子  
K @ 「中学入試で要求される計算技術」 1000円
(3冊セット)
A 「中学入試で要求される計算技術」(応用編)
B 「志望校の過去問をくり返し解くのは時間の無駄」

 〔算数:頻出問題対策プリント採用テーマ・出題年度一覧〕

  2014 2015 2016 2017 2018 2019
数の性質
(035B) 







立体の切断
(143C)
 





立体図形総合
(146C) 








場合の数
(173C) 









      
一行問題
(026B)
 






計算の工夫
(012C) 






図形の移動
(121C)
 








 
規則性
(393C) 





昭和秀英中の計算
(509A) 






〔 ○:1題出題、◎:複数題出題 / 上段:1回目入試、下段:2回目入試 〕

「2019年・対策プリント」より、類題的中!

≪昭和秀英中・入試問題(2019年1回)≫
10から100までの数の積10×11×12×13×・・・×99×100の積は計算すると末尾には0が連続して□個並びます。
≪昭和秀英中・対策プリント「数の性質」(035B)≫
10×11×12×・・・38×39×40を計算すると、0が一の位から□個続く数になります。
 
≪昭和秀英中・入試問題(2019年2回)≫
ある分数を105/26と147/65の両方にかけると、結果がともに整数となりました。このような分数で一番小さいものは□です。
(注) 105/26というのは分子が105、分母が26の仮分数のこと。147/65も同様。
≪昭和秀英中・対策プリント「数の性質」(035B)≫
2つの分数5・5/8と2・1/12があります。この2つの分数に同じ数をかけます。その積がともに整数になるような一番小さい分数は□です。
(注) 2・1/12というのは整数部分が2、分子が1、分母が12の帯分数のこと。5・5/8も同様。

「2018年・対策プリント」より、類題的中!

≪昭和秀英中・入試問題(2018年2回3(2))≫
(立方体の分割の仕方は右の問題と完全に一致)
(2) 分割された2つの立体に対して、体積の差を求めなさい。
≪昭和秀英中・対策プリント・立体図形総合(146C-2H)≫ 右の図のような立方体ABCD-EFGHがあります。点M、Nはそれぞれ辺FG、GHのまん中の点です。

(2) この立体を4点B、M、N、Dを通る平面で切ったとき、(もとの立方体の体積):(頂点Cをふくむほうの立体の体積)をもっとも簡単な整数の比で求めなさい。
 
≪昭和秀英中・入試問題(2018年2回3(2))≫
 2けたの整数で約数が3個あるものをすべてかきなさい。
≪昭和秀英中・対策プリント・数の性質(035B-2H)≫
約数の個数が3個である整数を小さいものから順に並べます。このときはじめから3つの整数をすべて加えると□です。

「2016年・対策プリント」より、類題的中!

≪昭和秀英中・入試問題(2016年2回1(6))≫
 次のように数を1つずつ順番に書き、その中の決まった数字を数えます。例えば、332は3を2個と数えることにします。
@ 「1、2、3、4、・・・、98、99、100」の中に数字の3は□個あります。
A 「1、2、3、4、・・・、998、999、1000」の中に数字の3は□個あります。
≪昭和秀英中・対策プリント・場合の数(173C-2C)≫
1枚の紙に1から120までの数が1つずつ書いてある。この紙には2が□個、1が□個、0が□個ある。

「2015年・対策プリント」より、類題的中!

≪昭和秀英中・入試問題(2015年.第1回1(3))≫
連続する整数のかけ算の計算結果について、最後に0が何個つくかを考えます。
1×2×3×4×5=120 は最後に0が1個つきます。
1×2×3×・・・×9×10=3628800 は最後に0が2個つきます。
1×2×3×・・・×99×100 は最後に0が□個つきます。
≪昭和秀英中・対策プリント・数の性質(035B-2B)≫
1から180までの整数について、次の問いに答えなさい。
(3) これらの整数をすべてかけ合わせた積は、一の位から何個の0が続くか求めなさい。
(1)、(2)は省略

「2015年・追加予想問題」より、類題的中!

≪昭和秀英中・入試問題(2015年.第3回1(2)≫
(□+1)×(□×2+5)=2015
ただし、□には同じ数が入ります。
≪2015年・算数:追加予想問題(Hp掲載)≫
次の式で、2か所の□には同じ整数が入ります。その整数を答えなさい。
 5×(22−□)×(22+□)=2015

「2014年・追加予想問題」より、類題的中!

≪昭和秀英中・入試問題(2014年.第2回1(2))≫
2×□×(□×3−4)=2014
ただし、□には同じ数が入ります。
≪2014年・算数:追加予想問題(A-1)≫
2014は2×19×53と素数の積で表すことができます。・・・

(以下、問題省略)

「2013年・対策プリント」より、類題的中!

≪昭和秀英中・入試問題(2013年.第1回1(5))≫ ≪昭和秀英中・対策プリント・数の性質(035B-2H)≫

「2011年・対策プリント」より、類題的中!

≪昭和学院秀英中・入試問題(2011年.第2回5≫ ≪昭和学院秀英中・対策プリント・立体図形総合(146C-1過去問例題)≫

《ユニーク入試問題:2014年2回 問1(3) 》
右の図は、中心角112°のおうぎ形を折り、中心Oを円周上の点Cに重ねた図です。このときのxの角度は□度です。
 
右図のように補助線OCをひくと、△OACは正三角形になるから、角OAD=60÷2=30(度)
 △OADで、角OAD=30度、角AOD=112度だから、
角ODA=180−(30+112)=38(度)
 角CDA=角ODA=38度だから、角x=180−38×2=104(度)

答 104