【渋谷教育学園幕張中】 ☆ 入試問題研究所・販売教材 (ご注文方法の詳細はこちら)

● 下記の「対策プリント」をABC全部ご希望の方は、「渋谷幕張中・PACK」とご注文下さい。料金は、A(1000円)+B(1000円)+C(2500円)=4500円となります。
● 各プリントは、単品でも、あるいはPACKからいくつかを削除しても購入可能です。「渋谷幕張中・PACK(095Cを除く)」または「渋谷幕張中・AとB、095C」のようにご注文下さい。
● 2校以上をPACKでご注文の際には「○○中PACKと△△中PACK(重複プリントを除く)」とお書きください。弊社で重複するプリントを除いて料金をご案内します。
● 追加お勧めプリント等の料金は表に示した通りです。こちらだけお求めいただくこともできます。

● 教材代金のお支払いは 「前払い」または「着払い」でお願いします。なお、送料の一部をご負担いただきます(詳細はこちら)。

種  渋谷教育学園幕張中 算数:入試対策プリント 料金 
単価 PACK
A 2018年度・渋谷幕張中 入試予想問題一式 1000円 4500円
B 過去問分析表(2008年〜2017年/各1回)「過去問分析表の使い方」はこちらを参照
〔付録〕過去問得点表(2013年〜2017年:合格得点モデル付き) …内容についてはこちらを参照
1000円
C 数の性質(037D)、作図(095C)、図形・点の移動(125D)、立体図形総合(145E)、場合の数(172D)・・・(詳細はこちら) 各500円
上記のPACK購入者に下記のF教材@またはAのうちの1つを無償プレゼントします。ご希望の方はお申し出ください(在庫限り)

追加お勧めプリント等(オプション)
D 渋谷幕張中の入試問題を題材として作成した教材 
作図(525C)・・・2001年〜2010年の入試問題から抽出〔全13題〕
(参考)「作図(095C)」は角の二等分線、垂線、垂直二等分線などの基本的な作図方法(中学での学習範囲)を学ぶプリント
500円
E 2018年度・追加入試予想問題…すべての学校に共通な問題。内容についてはこちらを参照 500円
F @ 過去問分析表(2006年、2007年/各1回) ・・・ (問題コピー、解答付)  非売品
A 過去問分析表(2008年、2009年/各1回) ・・・ (問題コピー、解答付)  
G 模擬試験問題(お勧め:SC型)・・・詳細はこちら  500円

その他(苦手な生徒の多いテーマ、トレンド問題など)  
H 速さと距離の差のグラフ(075Z) ・・・速さのグラフで縦軸が「2人の距離の差」の問題 各500円
特別三角形(094Z) ・・・3つの内角が30度、60度、90度の三角形に関する問題
特別円の面積(110Z) ・・・「半径」のわからない円の面積を求めさせる問題
2018年入試:要注意テーマ
★ 「消費税」問題(223Z) 
★ ニュートン算:応用(384Z) 

〔算数:頻出問題対策プリント採用テーマ・出題年度一覧〕

  2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
数の性質
(037D) 
     
作図
(095C) 


図形・点の移動
(125D) 
立体図形総合
(145E) 
場合の数
(172D) 
     

〔 ○:1題出題、◎:複数題出題 / 1回目入試 〕

算数:ポイントアドバイス
 算数の入試で『作図問題』を出題する学校はそれほど多くはなく、そのほとんどが「図形の移動」に関するものと国立大学付属中学校や麻布中でときどき見られるような図形の分割・構成(パズルのようなもの)に関する問題である。一方、この学校で出題される作図問題は他校で出題される問題の中で類題を探すのは難しい。特に、中学範囲の作図知識を要求する問題を出題する学校はここ以外にはまったく見られない。この点についてはしっかり準備をしておきたい。 

「2016年・追加予想問題プリント」より、類題的中!

≪渋谷幕張中(1次) 入試問題:問5≫
(
問題文省略)
(1) 平面上にできるかげ(図のしゃ線部分)の面積は何p2ですか。
≪2016年・追加予想問題(A-8)≫
(問題文省略)
(1) 地面にできる影の部分の面積は何m2ですか。

《ユニーク入試問題:2016年 問4》
右の図のような図形があります。この図形は、すべての辺の長さが2cmで、aの角の大きさとbの角の大きさはそれぞれすべて等しく、bの角の大きさはaの角の大きさの10倍です。
(1) aの角の大きさは何度ですか。
(2) この図形の面積は何p2ですか。
 
(1) この図は24角形だから、内角の大きさの和は180×(24−2)=3960(度)
 a+b=3960÷12=330(度)、a=330÷(10+1)=30(度)
(2) 右図のように補助線をひくと、合同な24個の二等辺三角形ができる。頂角が30度の二等辺三角形で、2cmの辺を底辺としたときの高さは1cmだから、面積は2×1÷2=1(p2)
 よって、この図形全体の面積は1×24=24(p2

答 (1) 30度  (2) 24cm2