【穎明館中】 ☆ 入試問題研究所・販売教材 (ご注文方法の詳細はこちら)

● 下記の「対策プリント」をABC全部ご希望の方は、「穎明館中・PACK」とご注文下さい。料金は、A(1000円)+B(500円)+C(2500円)=4000円となります。
● 各プリントは、単品でも、あるいはPACKからいくつかを削除しても購入可能です。「穎明館中・PACK(035Cを除く)」または「「穎明館中・AとB、035C」のようにご注文下さい。
● 2校以上をPACKでご注文の際には「○○中PACKと△△中PACK(重複プリントを除く)」とお書きください。弊社で重複するプリントを除いて料金をご案内します。
● 追加お勧めプリント等の料金は表に示した通りです。こちらだけお求めいただくこともできます。

● 教材代金のお支払いは 「前払い」または「着払い」でお願いします。なお、送料の一部をご負担いただきます(詳細はこちら)。

種  穎明館中 算数:入試対策プリント 料金 
単品 PACK
A 2020年度・穎明館中 入試予想問題一式 1000円 4000円
B 過去問分析表(2015年〜2019年/各1回)「過去問分析表の使い方」はこちらを参照 500円
C 数の性質(035C)、速さと比・逆比(071C)、相似形の利用(104C)、場合の数(173C)、つるかめ算(213B)・・・(詳細はこちら)
各500円

追加お勧めプリント等(オプション)
D 一行問題(026C) 500円
E 2020年度入試 追加予想問題(1) (内容はこちら 500円
F 過去問分析表(2010年〜2014年/各1回) ・・・問題は付いていません   500円
G 模擬試験問題(お勧め:SB型)・・・詳細はこちら  500円

その他(苦手な生徒の多いテーマ、トレンド問題など)  
H 速さと距離の差のグラフ(075Z) ・・・速さのグラフで縦軸が「2人の距離の差」の問題 500円 
特別三角形(094Z) ・・・3つの内角が30度、60度、90度の三角形に関する問題 ←2019年1回入試で出題
特別円の面積(110Z) ・・・「半径」のわからない円の面積を求めさせる問題 
2020年入試:要注意テーマ
★ 「消費税」問題(223Z) 

計算添削指導…詳細は(こちら
I 「計算」添削指導(5回:15題) … 穎明館中の入試問題を使用  3000円
 (注) 「計算添削指導」と同時お申し込みの場合、下記の冊子(3冊セット)を500円でご提供します。  

小冊子  
K @ 「中学入試で要求される計算技術」 1000円
(3冊セット)
A 「中学入試で要求される計算技術」(応用編)
B 「志望校の過去問をくり返し解くのは時間の無駄」

〔算数:頻出問題対策プリント採用テーマ・出題年度一覧〕

  2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
数の性質
(035C) 
 
速さと比・逆比
(071C) 
     
相似形の利用
(104C) 
   
場合の数
(173C) 
 
つるかめ算
(213B) 
     〇  
       
一行問題
(026C)
     

〔 ○:1題出題、◎:複数題出題 / 1回目入試 〕

「2019年・対策プリント」より、類題的中!

≪穎明館中・入試問題(2019年1回)≫
1円切手、5円切手、20円切手を合わせて12枚買いました。代金の合計は97円でした。このとき5円切手は□枚買いました。
≪穎明館中・対策プリント・つるかめ算(213B)≫
商品A、B、C、Dの値段は、それぞれ1個あたり500円、450円、320円、357円です。A、B、C、Dの商品を全部で16個買い、6129円支払いました。
(1) 商品Dを何個買いましたか。
(2) 商品Cを何個買いましたか。
(3) 商品A、Bをそれぞれ何個買いましたか。

「2017年・対策プリント」より、類題的中!

≪穎明館中・入試問題(2017年.第1回1(3)≫
3gのおもりAと5gのおもりBがあります。AとBのおもりをあわせて20個使い、74gにしました。おもりAは何個使いましたか。
≪穎明館中・対策プリント・つるかめ算(213B)≫
3gと5gのおもりが全部で50個あります。50個すべての重さは178gでした。3gのおもりは□個です。

「2015年・追加予想問題」(HP掲載)より、類題的中!

≪穎明館中・入試問題・問1(5)≫
2015年2月1日は日曜日です。次に2月1日が日曜日になるのは□年です。ただし2016年はうるう年です。
≪2015年・追加予想問題≫
2015年2月1日は日曜日で、プロテスタント校の多くが入試日を変更するため、中学受験業界では「サンデーショック」または「サンデーチャンス」と呼んでいます。2016年以降で、2月1日が日曜日となる最初の年は西暦何年ですか。

「2014年・追加予想問題」より、類題的中!

≪穎明館中・入試問題(2014年1回1(3)≫
2014のすべての約数の和は□です。
≪2014年度 算数:追加予想問題(A:1)≫
2014は2×19×53と素数の積で表すことができます。これを参考にして、2014の約数をすべて書き出しなさい。