【青山学院中】 ☆ 入試問題研究所・販売資料 (ご注文方法の詳細はこちら)

● 下記の「対策プリント」をABC全部ご希望の方は、「青山学院中・PACK」とご注文下さい。料金は、A(1000円)+B(1000円)+C(3500円)=5500円となります。
● 各プリントは、単品でも、あるいはPACKからいくつかを削除しても購入可能です。「青山学院中・PACK(064Dを除く)」または「「青山学院中・A、Bと146C」のようにご注文下さい。
● 2校以上をPACKでご注文の際には「○○中PACKと△△中PACK(重複プリントを除く)」とお書きください。弊社で重複するプリントを除いて料金をご案内します。
● 追加お勧めプリント等の料金は表に示した通りです。こちらだけお求めいただくこともできます。

● 資料代金のお支払いは 「前払い」または「着払い」でお願いします。なお、送料の一部をご負担いただきます(詳細はこちら)。

種  青山学院中 算数:入試対策プリント 料金 
単品 PACK
A 2020年度・入試予想問題一式 1000円 5500円
B 過去問分析表(2010年〜2019年)「過去問分析表の使い方」はこちらを参照 1000円
C 比の利用(064D)、速さと比・逆比(072D)、図形の折り返し(105C)、立体図形総合(146C)、容積と水面変化(151C)、平均算(241C)、推理(405C)・・詳細はこちら 各500円

追加お勧めプリント等(オプション)
D 単位換算と計算(013B)青山学院中の計算(501A) 各500円 
E 2020年度入試 追加予想問題(1) (内容はこちら 500円
G 模擬試験問題(お勧め:SB型)・・・詳細はこちら  500円

その他(苦手な生徒の多いテーマ、トレンド問題など)  
H 速さと距離の差のグラフ(075Z) ・・・速さのグラフで縦軸が「2人の距離の差」の問題 各500円 
特別三角形(094Z) ・・・3つの内角が30度、60度、90度の三角形に関する問題
特別円の面積(110Z) ・・・「半径」のわからない円の面積を求めさせる問題 
2020年入試:要注意テーマ
★ 「消費税」問題(223Z) 

計算添削指導…詳細は(こちら
I 「計算」添削指導(5回:15題) … 青山学院中の入試問題を使用  3000円
「計算」添削指導(10回:30題) … 青山学院中の入試問題を使用   5000円
 (注) 「計算添削指導」と同時お申し込みの場合、下記の冊子(3冊セット)を500円でご提供します。 

小冊子  
K @ 「中学入試で要求される計算技術」 1000円
(3冊セット)
A 「中学入試で要求される計算技術」(応用編)
B 「志望校の過去問をくり返し解くのは時間の無駄」

〔算数:頻出問題対策プリント採用テーマ・出題年度一覧〕

  2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
比の利用
(064D) 
速さと比・逆比
(072D) 
図形の折り返し
(105C) 
 
立体図形総合
(146C) 
   
容積と水面変化
(151C) 
平均算
(241C) 
推理
(405C) 
   
      
単位換算と計算
(013B) 
 
青山学院中の計算
(501A) 

〔 ○:1題出題、◎:複数題出題 〕

「2019年・対策プリント」より、類題的中!

≪青山学院中・入試問題(2019年)≫
1から9までの整数から7つを選んで、それぞれaからgとします。下のような式が成り立つとき、eは、fは、gはです。

a×a=b  c+d=a  c×e=f  c+g=f
≪青山学院中・対策プリント「推理」(405C)≫
A、B、C、D、E、F、Gは1から9までの整数のうちのいずれかです。同じ数はありません。それらの間には1から4の関係があります。
1 E+G=B  2 C+F=A  3 D×D=A  4 E×F=B

C、Gにあてはまる数を求めなさい。

「2015年・対策プリント」より、類題的中!

≪青山学院中・入試問題(2015年)≫
図1のように1辺6cmの立方体から、各面に垂直に、三角柱、四角柱、円柱をくりぬきました。図2は各面から見た図です。このとき、残った立体の体積は□cm3です。

≪青山学院中・対策プリント「立体図形総合」(146C)≫
1辺が6cmの立方体から、図のように円柱と直方体を反対側までくり抜きました。この立体の体積と表面積を求めなさい。ただし、円周率は3.14とします。

2014年度 予想問題、的中!

≪青山学院中・入試問題(2014年)≫ 
 ある中学校の1年生で10点満点のテストをしました。問題は3題で、問1は2点、問2は3点、問3は5点です。下の表はA組46名の結果を表したものです。A組の平均点が6点で、第3問を正解した生徒は30名でした。
得点(点)  10  8 7 5 3 2 0
人数(人)  ア  6 11  9 6 4 イ 
(1) 表のアは□人、イは□人です。
(2) 第1問の正解者は□人です。
≪青山学院中・入試予想問題)≫ 
 下の表は25人の生徒にテストをした結果です。テストは3題で、問1が2点、問2が3点、問3が5点でした。このとき、問1のできた生徒の人数は問2のできた生徒の人数よりも、□人多いことがわかります。
 
点数 2点 3点 5点 7点 8点 10点
人数 3人 2人 6人 7人 4人 3人

《ユニーク入試問題:2015年 問10 》
図はABとBCとAEの長さが同じで、ADとBDの長さも同じです。
あ の角は□度です。
 
△ABC、△ABE、△ABDが二等辺三角形だから底角は等しい。
角ABD=bとおくと、角A=b、角ADB=b×2、角AEB=角ABE=b+33
△BDEで、33+b×2+b+33=180 より、b×3=180−33×2=114、b=114÷3=38 
答 38度